独学ヨガで参考になるサイトを発見

おはようございます!今朝から腹痛でダウンしています。こういうときは、無理してヨガはせずお休みします。ヨガは簡単なアーサナもあれば難しいものもありますので、体調に合わせたアーサナを行うといいですね。

では、アーサナの種類についてもご紹介いたします。アーサナは、8400万種類もあると言われてます。中でも名前がつけられているアーサナは、200種類くらいと言われています。その種類として、動物の名前を用いたもの、人物の名前を用いたもの、動作からとったもの、形を表すもの、物の名前を用いたものなどがあります。

一番始めにアーサナを行う場合、太陽礼拝から行うことをおすすめします。太陽礼拝は、12個のアーサナが組み合わせてありますのでこれを覚えるだけで基本が身に付きます。また、連続してポーズを行うことで、自律神経が整いやすくなるとも言われています。

朝の時間にこの太陽礼拝を費やすことは、1日快適に過ごす役割を果たすと思いますよ。次に猫の背伸びアーサナもおすすめです。これは、ストレッチ効果もありますし、リラックス効果もありますので、最初や中間、最後いつ行ってもいいでしょう。

他にもアーサナはありますので、本やDVDで自分好みのアーサナを見つけて見てくださいね。

ところで、ヨガ 独学 で検索して見つけたサイトが参考になるのでご紹介しますね。独学でヨガをする場合について言及されていますよ。

独学ヨガマスターへの道のりは厳しい。。。

こんにちは、最近寒くなってきましたね!そんなときこそヨガで体を温めましょう。

では、今回はヨガのポーズについて少しお伝えします。まずヨガのポーズであるアーサナは、正しく行うことで体のエネルギーの出入口となるチャクラが機能するようになります。

チャクラとは、サンスクリット語で、回転とか車輪という意味を持ちます。ヨガでは、このチャクラがうまく機能すると体もうまく機能するようになるとも言われています。では、アーサナを正しく取るにはどうしたらいいでしょうか?アーサナを正しくするためには、まずリラックスすることが大切です。体に力を入れるではなく、体の力を抜いて心と筋肉をバランスよく保ちポーズを取ります。そしてアーサナは、呼吸が大切になってきます。アーサナの呼吸法は、鼻から吸って鼻から吐きます。その方法には、腹式呼吸や胸式呼吸片鼻呼吸などがありますが、どの方法だとしても深い呼吸をすることが大切です。ヨガ中は、アーサナを取ることに集中して呼吸をすることを忘れがちですので呼吸にも意識しましょう。

ヨガは、アーサナを正しく行うこと、呼吸を正しく行うことで心と体のつながりを良くしていきます。無理はせずに自分の体調に合わせて正しく行いましょう。

独学でヨガをマスターするために必要なもの!

ヨガの独学の際に必要なものを挙げていきます。私が必要だと感じたのは、ヨガのDVDです!本だけだと、ポーズの取り方が分かりにくい場合もあり、間違えたまま覚えてしまいます。DVDは解説してくれますしポーズを360度の視点で見ることができます。ですのでDVDは、1つあると良いでしょう。見ながらならポースは取りやすいですが、読みながらはけっこう大変です。

他には、長期継続する意思があるならヨガマットは購入しましょう。ヨガのポーズはだんだんと難しくなるため、足元が安定しないと滑って転んだりと危険です。ヨガマットは千円台からありますが、マットの素材がいくつかあります。TPE(熱可逆性エラストマー)は、軽くて臭いがなく、水拭きも可能なため人気が高いようです。次に天然ゴム。天然ゴムは、弾力があり滑りにくいため長期にわたってヨガをする場合におすすのようです。そして、PVC(ポリ塩化ビニール)。これは、昔ながらのヨガマットで、クッション性が良く、安定感もあるようです。ヨガマットで有名なブランドとして、マンドゥカ、スリア、アムニーなどがあります。ヨガのマットだけでも、様々な種類がありメーカーがあり、値段も異なるため、個々に合ったマットを探すといいでしょう。リサイクル品としてヨガマットも売られていますが、マットは消耗品のためできるだけ新しいものを購入することをおすすめします。

あとはヨガブロックですね!ポーズの補助等に使うものです。一人でヨガを独学で行う際には、あったほうが絶対いいですね。
eva樹脂とかコルクとか木とか色んな素材で出てます。重さによっても違うので、お店の人に聞いてみるのもよいかもしれません。300グラムくらいが一番メジャーな気がしますが。

ヨガウェアに関しては独学で自宅で行うぶんには、あまり必要ないかとおもいます。実際ストレッチ素材のスポーティな服装なら問題ないかと思います。

独学でヨガをやる理由~その2

こんにちは、ヨガについてまた書きたいと思います。

私が独学でヨガをしている理由の2つ目は、好きなときに好きな時間にヨガをしたいと思ったからです。ヨガスクールだと、決められた時間に行かなければならずそれが億劫になる気がしたんです。のんびりとまったりと自分のペースでしたいんですよね。笑。自宅でのんびりと好きな時間にやりたいなーと思ったんです。ホットヨガとかすごい流行ってますけど、高いですし。。。

そして3つ目は、周りの人はみな痩せていてスクールに通うのは恥ずかしいと思ったからです。私はどちらかというとふくよかな体型なので、ぴったり目のヨガウェア(ヨギーサンクチュアリとかダンスキンとか可愛いしなー)を綺麗に着こなしている人が多い中に入るのは抵抗がありました。自宅ならわざわざヨガウェアを着なくてもいいですしね!ということでずぼらな私には独学の方が向いていると思ったのです。ヨガの受講費用に加えて、ヨガウェアもお洒落なのそろえてたらお財布が危険な状態になっちゃいます(汗)

では、ヨガを独学でしてきた方法もお伝えします。まずヨガについてですが、ヨガはサンスクリット語と言われる言葉が使われています。サンスクリット語でヨガ(YOGA)は、つながりという意味を持ちます。ヨガは、心とからだと魂をつなげると言われています。そして、ヨガで取るポーズのことはアーサナと言います。サンスクリット語は覚えなくてもヨガはできますが、ヨガの本やDVDに出てくることもありますのでざっくりと知っておくのもいいかもしれません。

あ、コルク製のヨガブロック探しに出かけようかな。。暇だし。

ヨガを独学でやろうと思った理由。

こんにちは、私はヨガを独学ではじめて一年が経ちます。ヨガは海外セレブでブームとなり、日本でも人気の高いスポーツとなりましたよね。

私がヨガをはじめたのは、友人とヨガスクールに体験で行ったことがきっかけでした。それまでヨガに特に興味はなく、名前を聞いたことがある程度でした。友人に誘われて何も考えずに行ったヨガは、今では私にとってなくてはならない存在になったのです。ヨガには瞑想と言われる場面がありますが、その瞑想ははじめは簡単にはできませんでした。

瞑想場面では、何も考えずにただ無の心になること、頭の中を真っ白にしてリラックスすることと言われましたがあれこれ考えてしまうんですよね。無になるって結構難しいんです。しかし、その瞑想の時間はすごく心が軽くなりました。日々の疲れを忘れ、悩みを忘れることができたのです。それからポーズとともに深い呼吸をとり、体の芯から汗をかくという一連で終わったあとはすごくスカットしました。そのときにこれからもヨガをしたい!と思ったのです。では、なぜヨガスクールはなく独学でヨガをしているかも話します。理由は3つあります!

1つ目は、金銭面です。私は、社会人2年目ですが、給料はそう多くはない上に一人暮らしのため余裕がありません。毎月数千円でももったいないと思ったのです。ヨガスクールに通うとなると、月謝のほかに交通費やウェア代、周りの人との交流費用などかかりますよね。そこを省いてただ単純にヨガを学びたかったのです。続きは後日に書きますね!